福祉車両のご案内>民間救急車として

福祉車両のご案内

民間救急車として

民間救急車は、正式には「一般乗用旅客自動車運送事業(患者等搬送限定)」と呼ばれており、国土交通省の免許と営業所を管轄する消防本部の認定を受けています。主に病気やケガ、寝たままの状態で移動しなければならない場合などにご利用いただけます。


安全
車両は、いずれも国土交通省の許可をもらった車両です。リフトやスロープ付きの専用車ですから、とても安全です。
安心
乗務員は、看護士やヘルパーの有資格者なので安心。全員が二種免許を持ち、それぞれの方にふさわしい介助方法を研修しています。

「民間医療救急」はこんなときにご利用ください

・救急車を呼ぶほど緊急ではないとき
・ケガや急病でご家族の車もしくは、ご家族だけでは困難なとき
・希望する医療機関に診てもらいたい時(全国どこでも対応できます)
・点滴や酸素など医療処置を続けながら移動しなければならないとき
・寝たままの状態で通院・転院をしたいとき
・危険をともなうスポーツイベント等の待機に

移送費について(国民健康保険法)

移送費の支給対象として
・医師の指示による移送であること
・病気などにより患者の移送が困難であるとき
・急患その他やむを得ないこと
お客様が転院、検査・治療・手術を目的として病院間の移送をされた場合、国民健康保険で定められている「移送費」の請求を行うことができます。
移送にかかった費用は、加入されている国民健康保険・老人保健・社会保険・組合保険などの各保険者に請求を行い、適正であると認められた場合に利用費の一部が支払われます。
移送費は療養費であり、償還払い(お客様がいったん事業者に代金を支払った後に請求を申請すれば口座に振り込まれる)になります。請求申請は患者・ご家族でなければできませんが、当事業所においてアドバイスさせていただきますので、ぜひご相談下さい。